【世界一周旅行】ドイツ ベルリンワーホリ生活 2011年夏

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年の夏1ヶ月半ほどドイツのベルリンに住んでいました。
もともと、ドイツで現地申請のワーキングホリデービザを取って
スペインでサーフィンするのが目的だったので、短い滞在でしたが、意外と楽しかったです。

フランス人やスイス人の友達にドイツに行くならベルリン!

と全員一致でおすすめされました。

当時から、仕事と手厚い社会保障を求めて移民が多くなってきているところでした。
夏でサブレット(短期で家を空ける人の部屋を借りた)だったのもあり、
当時は簡単に家は見つかりました。
長期でもそんなに難しくはなかったです。
家賃も月光熱費込み250€くらいでした。今は倍くらいの相場ですね。

私が家探しに使ったのは、このサイトです。

今はほんとに家がないらしいですね。
ドイツ人ですら、家がなくてあきらめてほかの都市に行った人を知っています。
私もビザ申請のためにひとまず、ベルリンで部屋探しをしないといけないのだが、
恐ろしい。

大きな都市が苦手な私でも楽しめた!ベルリンの魅力

日本みたいにお金を使わなくても、楽しめるところがたくさんある

週末のMauerparkでやってるカラオケ大会
すごい人
dscf3594

フリーマーケット
ゴミにしか見えないのに強気な値段設定の店主もいる。
(アンティークにはみえないんだけど)

img_2730ベルリンの人は公園がお好き。
晴れた夏の日はとりあえず公園でビール。
首都なのに、緑が多い。

dscf3737dscf3625

川でゴムボートに乗る人たち(水はきれいではない。)

dscf5379

廃墟の遊園地

img_2767イベントも夏はしょっちゅうやっている。

dscf3858
ストリートパフォーマーもいっぱい
dscf3861-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdscf5383 dscf3852

ドイツの首都にもかかわらず、生活費が安い

ベルリンの家賃は移民問題もあってどんどん上がっているが、
パリとかNYとかと比べれば安い。
今後はパリやNYみたいになってしまうのか???!!

日本と違い、欧米はリサイクルショップが激安。
本来のリサイクルショップのあるべき姿ではないか。
こんなのまで売っちゃうの?って物もあるんだけど。面白い。

ベルリンおすすめのファーストフードはケバブ 3-4€
チキンの丸焼きもポテトつきで4€くらいだった
ビールはコーラより安い
野菜も激安 ドイツ人大好きなジャガイモは2㎏2€とか

dscf3553

dscf3568 dscf3653 dscf3566


街がアートであふれている

もともと広いアパートと安い家賃を求めて集まったアーティストが多い街なので、街中がアートでいっぱい。
当時の私の知り合いはフォトグラファーだらけだった。

首都のくせに、スーツ姿の人を見かけることは少ない。

dscf4390-1 dscf3937 dscf4400 dscf4398 dscf4401

img_2973

カフェがおしゃれで個性的

ベルリンにもスターバックスはあるのだけど、
それ以上に多いのが、ローカルビジネスっぽいカフェ。
お気に入りのカフェを探してみては?

ナイトライフが面白い

私はお酒も飲めない、オールナイトもできない。
それでも何度かクラブに行きました。
カナダとかアメリカとかとは全然違う雰囲気のクラブで
面白かったです。
手作り感があるというか、行く場所によっても全然違う。
このナイトライフが目的で住んでる人もたくさんいました。

ベルリンの嫌いなところ

大都市にはたいているんだけど、
昼間っから酔っぱらってたり、ジャンキーもたくさんいる。
そして物乞いしてくる。

”おなかが空いてお金ちょうだい。。。”って言ってくる。

赤ちゃんを抱いた移民もいますが、
絶対にお金はあげちゃダメです。
私は食べ物ならあげるよと言うのですが、
ほぼ100%いらないって言われます。
おなかすいてんじゃねーのかよ!

酒とドラッグに変わるだけです。

いろんな文化が織り交ざって面白い街なので、
一度行ってみてください。
ケバブ食べたい。

若者にはおすすめの街です。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)
336 x 280 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)