ワーキングホリデー、留学、世界一周旅行で片道航空券での入国審査問題。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の記事の関連なのですが、

1度目の別室送りは、カナダの入国。 毎年冬になると、カナダに入国していたので、怪しまれたのでしょう。 いつものように、にこっと笑ってどうも!とあいさつ 入国審査官 ”何しに来たの?” ”スノーボードしに来ました。” ”ど...

これに関連して、片道航空券だと入国審査の問題がでてくるんですよね。
片道航空券だと、入国拒否にあったり、そもそも出国さえできない国もあります。

でも、長期の旅行の場合や留学、世界一周の場合、往復の航空券を買うってあまり現実的ではないんですよね。
私にとって一番いやなのは、自由度がなくなることなので。
今でこそ安くなってはきたものの、片道航空券は割高ですし。

そんな長期旅行での航空券はどうするのか?という問題について。

ワーキングホリデーなどの長期旅行での航空券の選び方。
  1. 1年有効の往復航空券を購入
  2. 往復を買って片道を破棄して、帰りはまた別の航空券を購入する。
  3. 片道道航空券で入国、帰りはまた別の航空券を購入する。

1の場合
自由度がないので、変更ができない。1年もたつと、帰国前に違うところに行きたくなる可能性もある。

2の場合
往復航空券を破棄すると、航空会社に正規料金との差額を請求されることもあるとか。
格安航空券の販売代理店がペナルティを受けることがあるという話も聞いたことがあります。
予約前に問い合わせてみることをおすすめします。

航空会社も初めから、キャンセルを見越してオーバーブッキングしているので、
実際に請求されたという話はあまり聞いたことがない。
単純に乗り遅れる&病気になる人もいるわけですし。

初めからキャンセルすることが分かっているのなら、キャンセル連絡をしたほう親切ではあります。他の人にチケットを売ることができますから。
費用的には、1や3よりも安いことが多い。

3の場合
費用が1や2より高いことが多いがLCCが増えて、安い片道航空券が増えています。
問題は、入国の際に、帰りの航空券を求められることがある、出国すらできないことがあるということです。

入国審査は入国審査官が決めるので、どうなるのかはわからないのが現状です。

片道航空券でも入国できた。
入国拒否された。
チェックインカウンターで航空券を購入させられた。

などいろいろな話が出てきます。

私はいつも2か3で旅行するのですが、
2でキャンセルの電話を入れたこともありません。
ペナルティーを受けたことはありません。

まあ、不安になるところなので、
出国の航空券を持っておくことに越したことはありません。

ではどうすればいいのか??

片道航空券の帰りまたは出国の航空券をキャンセル料なしで予約する方法。

私はユナイテッド航空の正規の航空券を予約して、24時間以内にキャンセルしています。

格安航空券はキャンセル料が高いのでやめましょう。

チケットは念のため印刷しておきます。

ユナイテッド航空なら、24時間以内なら
キャンセル料なしでキャンセルすることができます。

この方法は、チェックインの際、
片道航空券では出国できないと言われた際
航空会社の人に勧められる方法と同じです。

航空会社によってキャンセルの要件は違うので、
各航空会社のホームページでキャンセルの確認をしましょう。

ただ、見せろと言われたことが一度もありません。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)
336 x 280 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)