【世界一周旅行】スウェーデンでヒッチハイクしたら683km先のUmeåまで行った話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年の夏、私はカナダのスキー場で知り合ったヨーロッパ在住のスノーボーダーとスキーヤーの友達を訪ねて、スウェーデン、ノルウェー、スイス、クロアチア、ボスニア、モンテネグロを旅していました。

ノルウェーで知り合った日本人と、スウェーデンで人生初のヒッチハイクをしてみました。
私はスウェーデンに滞在できる日にちが限られていて、3日後にはストックホルムから飛行機に乗らないといけなかったので、特にどこに行きたいとかは決めていなかった。

スウェーデンでヒッチハイク

スタートはストックホルム

適当な道でヒッチハイクスタート!

5分で一台目をゲット!

40代くらいのおじさん2人

”どこに行きたいの?はじめてヒッチハイクしてる人見たよ。”

私たち

”行先は決めてないんだけど、おすすめの場所あります??1日で行けるところまで行ってみようと思ってるんです。(相方の日本人はそのまま北極圏に行って、フィンランドを目指している。)”

”そうなんだ、今日暇だから、適当に北に行ってよさそうなところでおろしてあげるよ!”

一時間ほど走ったところで、

”今日の夜、ライブのイベントがここであるみたいだよ”

一緒に少し街を歩いてお別れしました。

私たちは、もう少し北を目指すことにしました。

ヒッチハイク スウェーデン

ヒッチハイク再開。

またまたすぐにつかまる。

今度は、昔バックパッカーだった人に拾われました。

”どこに行くの?”

”北に行けるところまで”

この人には、物価高いスウェーデンをお得に旅するための裏技教わりました。

スウェーデンには、森は私有地でも分かち合うものと法律で決まっていて、家がある場合は、その家から見えないくらい離れることを条件にどこでも好きにキャンプしてもいいとのこと。(怪しまれそうな気もしますけど。)

太っ腹だねえ。

というわけで、スウェーデン行きたいけど、お金がないよおって方は、ぜひキャンプしてみてくださいね。

彼が教えてくれた、ヒッチハイクの豆知識。

ヒッチハイクで拾われやすい順は

女の子1人か2人
カップル
男1人
男2人

だそうです。

次に拾ってくれたのが、大学生のViktor君。このときは所用時間30分くらいかな。

彼は、ストックホルムから、家のUmeåに帰る途中でした。

1人っきりで車を運転するのは環境に悪い気がするから、いてくれてよかった!と言ってました。

彼とは、結婚はいつしたいとか、恋バナをしたり何を大学で学んでるとか、そういうたわいのない話をしました。

今夜はどこに泊まるの?よかったら、うちに泊まればと言ってくれました!

彼の同級生と、クラブに行って、翌朝は町を案内してもらったり、スウェーデンの世界一くさい食べ物(ニシンの発酵食品)をスーパーで教わりました。(怖くて買いませんでした。)

シュールストレミング wiki

Amazonに売ってないかな?とみてみたら、

Tシャツが売っていた!!!買っている人いるし!!

缶詰はないようです。

そういえば、どうしているかな?と思って、Facebookを見てみると仲良くなった1人が、Berlinに住んでいることが判明!そういえば、アーティストになりたいって言ってたな。Berlinは移住の候補地なので、行くことはほぼ決まっているので、久しぶりに連絡してみよう!(記憶にもないかもしれないけど)

私は、その日の夜行バスでストックホルムに帰りました。

日本人のヒッチハイクの相方は、フィンランドに向けてバスに乗りました。

スウェーデンでヒッチハイクしてみた結果

たったの3人で、1日の総移動距離は638km!

私たちはかなり簡単に乗せてもらうことができました。

スウェーデンは田舎のほうは何にもないので、拾ってもらえないと悲劇かもしれません。夏でも寒いので、厚めの長袖パーカーは必須です。

ヒッチハイク- sweden

スウェーデンは夏は夜でもすごく明るく、6月の白夜には、一日中(オールナイトで)スキー場がオープンしているところがあるらしく、いつか行ってみたいな~と思っています。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)
336 x 280 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)