世界一周するなら、世界を暮らすように旅しよう!お気に入りの街に最低1ヶ月以上のロングステイをおすすめする5つの理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ロングステイをおすすめする5つの理由

  1. 2日おきに移動とかしなくていいので、体力的に楽。
  2. 滞在費が安くなりやすい(高くなることもある。)
  3. 重い荷物なしで身軽に、日帰り旅行に出れる。
  4. 地元の人と触れ合う機会が増える
  5. 地元の人しか知らない情報が手に入る

ガイドブックにはのっていないレストラン情報とか、友達になった、地元の人がどこかに連れて行ってくれたりする。

フランスのビアリッツでワーホリ中には、友達になった人と、ピラ砂漠、友達のおばあちゃんのワイナリー、パンプローナの牛追い祭り、レゲエのイベントでボランティアしたり、友達の実家のピレネー山脈に行ったり、短期の旅行じゃ絶対に行かないところに行く機会を得ました。

Dune du Pilat ピラ砂漠 フランス

dunepylawiki

dune

img_2702

img_0781

ボルドーのワイナリー

img_0801

パンプローナ 牛追い祭り スペイン

img_0336

ロングステイ中は、趣味があるなら、同じ趣味の人が集まる、集まりに参加するのもいい。

趣味がないよという人は、日本語を勉強してる人を探してみるといいです。

こういう経験は、なにより記憶に残る。有名なところで写真を撮っただけでは得られない経験。

今は、いろんなサービスが発達していてネットで情報を得ることができる。

海外では、サブレットと言って、旅行中など家を留守にする時だけ、レンタルする人も多いので、そういうところを探すと安い。

海外でロングステイするのに押さえてほしいサイト

Couch Surfing

以前の記事をチェックしてね。私はこのCouch Surfingでほとんどの部屋探しを成功させている。今はAirbnbに押されて、ホストが減ってるかもしれない。

いろんなコミュニティがあるので、そこに参加して、現地のお友達を作るのもおすすめ。

【世界一周旅行したい人必見】現地のお家に無料で泊まれるCouch Surfing(カウチサーフィン)!有料のAirbnb使ってるの?

Airbnb

話題の民泊サイト。
3500円引きのクーポンゲットするなら、こちらから登録してね。
空き家がある人は、ぜひ!ホストになるといいですよ。
世界一周中に、日本の部屋をレンタルするのにも使うといいです。部屋の掃除と、予約管理は、法人に頼むこともできる(利益がほとんど持っていかれる)が、自分でクラウドソーシングで雇うのがおすすめ。

私はホストをブラジルと日本で体験済みだけど、ずっとCouch Surfingだったので、滞在は未経験。今回の世界一周では使う予定。

WWOOF
WWOOF加盟農家を手伝うと、食事と寝床が提供され、無料でファームステイができます。

将来は、自分で食べるものを作りたいので、オーガニック農場に行きたい。
娘がいても大丈夫らしいけど、どうだろう。。。

放浪中に教えてもらった、

Help exchange

Workaway

Workawayのほうが新しい。
どちらも30$程度のサイトへの登録料が必要。まだ使ったことはない。
Help exchangは昔は無料だったような。デザインが一切変わってない(笑)

助けのほしい人を手伝う代わりに、宿と食事が無料で提供されます。
こちらは農家だけではなく、いろんな依頼があります。

英語を実践で学ぶには最適。私は語学学校よりおすすめしたい。

世界一周で、移動ばかりの旅行に疲れたら、ぜひ、少しのんびり滞在してみることをおすすめします。

南米では、ホテルにいる時間と、移動時間がほとんど同じかそれ以上になって、ほんとに疲れた。(スケジュール上、仕方なかった。)

私は、サーフィンかスノーボードが出来る街にロングステイして、そこから、付近の観光地に行くスタイルがお気に入り。

自分のお気に入りの旅行スタイルを探してみてくださいね~

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)
336 x 280 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)