ドイツのワーキングホリデーでシェンゲン協定国に18ヶ月滞在するための裏技!(最大7年くらいも可能)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その方法とは、ビザなしの観光でオーストリアに6ヶ月、ドイツのワーキングホリデービザを1年申請すればいいのです。

世界一周で、シェンゲンに3ヶ月以上滞在したい人の選択肢にもなります。

この場合、一番初めのシェンゲン協定への入国をオーストリアにする必要があります。(飛行機がほかのシェンゲン国経由の場合は3ヶ月になるので注意)

詳しくは在オーストリア日本国大使館のホームページを見てください。

オーストリアはシェンゲン協定加盟国ですが、日本とオーストリアの間には二国間の査証免除取極があるため、シェンゲン協定で定められた滞在期間を超え、通常は6か月以内の滞在が許可されます。

90日間を超えて滞在する目的をもって無査証でオーストリアに渡航する場合は,オーストリアで入国審査を受けるため、シェンゲン域内の国を経由せずにオーストリアに乗り入れている航空便を利用してください。また、無査証で90日間を超えて滞在した後にオーストリアから出国する場合も、オーストリアにおいて出国審査を受けるため、シェンゲン域内国を経由しない航空便を利用してください

オーストリア入国、3ヶ月はドイツに滞在、その後3ヶ月をオーストリアに滞在、そのままオーストリアでドイツワーホリビザを申請すると、18ヶ月滞在することができます。

ドイツにどうしても滞在したい場合は、15ヶ月が最大です。

最近はヨーロッパのワーホリが増えていて、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、ポーランド、ポルトガルでワーホリできるので、シェンゲン国のワーホリビザを取り続ければ、7年くらいはヨーロッパに住める。

どこでも働ける仕事があれば、シェンゲン国内で住む国を自由に選べます。(ビザはワーホリの国で取って、実質ほかの国に住むことが可能。例えば、フランス、ドイツでビザを計2年取ってその間2年間スペインに住むことも可能です。)

私は、ドイツでワーホリビザを取って、ほとんどスペインにいました。

私の時はこの半分くらいの国しかワーホリ制度がなかったので、うらやましいです。
ポルトガル行きたかったな。

30歳以下の人は、ワーキングホリデーを経験することをお勧めします

ワーキングホリデービザを代行してくれる会社がありますけど、自分でそれくらいは調べてやりましょう。それすらできないと、海外に行って困るのは自分です。人にビザ取ってもらってやるワーホリに価値はないと思います。
ググれば自力でどうにかなります。

今度、私が行った、フランスとドイツ(現地申請しました。)のワーホリビザの取り方を解説します。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)
336 x 280 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル (大)